『関ケ原』映画動画フル無料はデイリー・youtubeより断然ココ!

関ヶ原 映画 動画 フル 無料視聴
Pocket

豪華キャストで制作された、映画『関ケ原』動画フル無料をyoutubeで探すより、確実・簡単な無料視聴方法をご紹介していきます。

日本人であれば知らない人はいない、歴史の教科書にも掲載され、天下分け目の大決戦といえば、『関ヶ原の戦い』を描いた今作。

裏切りなんかもあったりして、最後は徳川家康が勝つことは皆さん知っているかと思いますが、それだけの知識ではこの映画のスピードについていくのはかなり難しいほどの詰め込み具合になっているようです!

右往左往しながら、最後は徳川軍に寝返った小早川秀秋の存在など、実に興味深いドラマが描かれた歴史上の合戦を豪華キャストで見られる映画となっています(*_*)

そんな映画『関ケ原』動画フルを無料視聴したい人は、是非ここでご紹介している方法をオススメしますので、最後までお見逃しなく!

関連記事:兄コマ映画のDVD発売日は?レンタルいつから?

関連記事:リミスリ映画DVDレンタルいつ?発売日・予約特典も!

関連記事:陸王のDVDラベル画像・発売日はいつ?一気に見れる方法も!

ライターSAKU
誰もが知っている関ケ原の戦いを豪華キャストで見られるのはうれしいよね!

映画『関ケ原』どんな映画?

戦国時代最大の合戦と言われる『関ヶ原の戦い』。

史実に基づき、原作は石田三成率いる西軍と、徳川家康率いる東軍が激突したこの合戦の始まりから終わりまでを描いています。

また原作では、徳川家康とその周りの人間関係や、謀略戦が中心でしたが、本作では主人公として石田三成にスポットを当て、彼と徳川家康の攻防が描かれるよう。

そして石田三成に想いを寄せる女性が登場することから、恋愛が描かれることも予想できます。

  • 監督・脚本:原田眞人
  • 原作:司馬遼太郎『関ヶ原』(新潮文庫刊)
  • 音楽:富貴晴美
  • 製作:市川南、佐野真之
  • 共同製作:中村邦晴、吉崎圭一、弓矢政法、木下直哉、藤島ジュリーK.、宮崎伸夫、広田勝己、東実森夫、大村英治、松田誠司、林誠、杉田成道、荒波修、吉川英作、井戸義郎、鯉沼久史
  • 企画:鍋島壽夫
  • エグゼクティブプロデューサー:上田太地、豊島雅郎
  • プロデューサー:山本章
  • プロダクション統括:佐藤毅、中澤サカキ

 

キャストは?

  • 石田三成:岡田准一
  • 徳川家康:役所広司
  • 初芽:有村架純
  • 島左近:平岳大
  • 小早川秀秋:東出昌大
  • 直江兼続:松山ケンイチ
  • 井伊直政:北村有起哉
  • 蛇白/阿茶:伊藤歩
  • 赤耳:中嶋しゅう
  • 福島正則:音尾琢真
  • 加藤清正:松角洋平
  • 黒田長政:和田正人
  • 北政所:キムラ緑子
  • 豊臣秀吉:滝藤賢一
  • 大谷刑部:大場泰正
  • 花野:中越典子
  • 妙善尼:壇蜜


スポンサーリンク



映画『関ケ原』あらすじ

関ヶ原の戦い――。

それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本の在りようを決定付けた。

幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才を認められ、秀吉の小性となった石田三成(岡田准一)。

成長し大名にとりたてられた三成は自分の石高の半分を持って、猛将として名を馳せた牢人・島左近(平岳大)を家来に乞う。

秀吉に忠誠を誓いながらも、利害によって天下を治めることに疑問を感じて正義で世の中を変えようとする三成の姿に、左近は『天下悉く理に走るとき、ひとり逆しまに走るのは男として面白い』と配下に入る。

伊賀の忍び・初芽(有村架純)も❝犬❞として三成に仕えることになる。

秀吉の体調が思わしくない。

天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、秀吉の不興を買う小早川秀秋(東出昌大)や他の秀吉恩顧の武将たちに言葉巧みに取り入っていく。

三成はそんな家康が気に食わない。

1598年8月、秀吉逝去。よく1599年閏3月、大老・前田利家(西岡徳馬)も亡くなると、先の朝鮮出兵時から三成に恨みを持つ福島正則、加藤清正ら秀吉子飼いの七人党が、三成の屋敷を襲撃する。

三成は家康の屋敷に逃げ込み難を逃れるが、このことで佐和山城に蟄居。家康の影響力が増していく。

1600年6月、家康が上杉討伐に向かう。上杉家家臣・直江兼次(松山ケンイチ)と家康の挟み撃ちを図っていた三成は、盟友・大谷刑部らを引き込み、毛利輝元を総大将に立て挙兵。

三成の西軍、家康の東軍が覇権をかけて動き出す。

1600年9月15日。

決戦の地は関ヶ原。三成は、いかにして家康と世紀の合戦を戦うのか?

そして、命を賭けて三成を守る初芽との、密やかな❝愛❞の行方は・・・。

権謀渦巻く中、『愛』と『正義』を貫き通す❝純粋すぎる武将❞三成と野望に燃える家康の戦いが今。

幕を開ける!!

ライターSAKU
歴史に裏側も見られる今作は、歴史好きにもかなり評価が高いのでは?

 

映画『関ケ原』歴史背景をおさらい

スケールが大きくて、凄い映画でしたが、これ、歴史に興味があって、誰がどうしたって事をある程度知っていないと、人が多過ぎて付いて行けません。

私のように、歴史にあまり興味が無く、武将の名前などが解らない人間には、超辛かった。

頭の中で整理しながら観るのですが、とにかく、出てくる人が多くて、まして顔が覚えられないと来ているので、いや、もう、ぎゃ~ってなりましたよ。

歴史好きな方には、ヨダレが出るほど面白い話なんだろうけど、私は、途中で眠くなっちゃいました。

説明も少ないんですよ。

映画を観ただけじゃ、なんで直江が出てきているのか、良く解んないんです。

直江は、上杉に仕える武将で、頭が良かったのか、家康とのやり取りをこの人がしているんです。

でね、家康が上杉に謀反をしていないという申し開きをしろって言ったら、『直江状』って手紙で『何もしてないのに濡れ衣着せやがって、てめぇ、いい加減にしろ!』みたいなことを返したらしいんです。

ま、詳しく調べたら、この文書、偽物かも知れないらしいって事も出てきているのですが、そんな事があって、家康は上杉討伐に動いたって事らしいのです。

石田三成像ですが、確かに、こんな風にストイックだったのかも知れませんね。

色々な本や映画を観ても、マジで鼻に付く奴だし、たとえ良い人だったとしても、一緒に居たらイライラしそう。

優等生タイプだもんね。

確かに、義を重んじるのは解かるけど、目的の為には手段は選ばないくらいの男じゃないと、天下は取れないし、この動乱の時代に生きられないよ。


スポンサーリンク



映画『関ケ原』リアルな戦国時代を演出できた3つの理由

関ヶ原 映画 動画 フル 無料視聴

出典:http://hikone-410th.com/event/sekigahara

合戦での戦闘シーンがリアル

合戦のシーンでは、正直どんくさい戦い方(失礼)をしているように見えました。

一般の時代劇の合戦シーンでは、ヒーローがちぎっては投げ、ちぎっては投げ、バッサバッサとかっこよく斬りまくったりしていますが、しかし現実問題として、固い甲冑の上から刀で斬りつけても、まず切れないですよね。

どう考えても。刀も一発で刃こぼれして使えなくなったりするんじゃないでしょうか?

映画『関ヶ原』では武者たちは太い木の棒や槍で相手をたたいたり、押し倒したりしているんです。

見た目かなりイケてないんです(笑)。

運動会の騎馬戦みたいな感じでワーワーやっている。

しかし実際の戦の場では、こういう泥臭い、なかなか一撃では決まらない戦い方をしていたんじゃないでしょうか。

 

現実の歴史的建造物で撮影をしているのがリアル

普通、時代劇の撮影はほとんどをセットで撮る場合が多いんじゃないでしょうか。

映画『関ヶ原』では、姫路城、彦根城や東本願寺、その他に多くの歴史的に価値ある場所で撮影されています。

よくここで映画の撮影が許可されたなあというような場所でロケがされたそうです(劇場で売っているパンフレットにロケ地詳細の記載がありました)。

役者の人たちもそういう”本物の場所”で撮影をすると『気持ちの入り方が違った』と言っていました。

見ていてもその”本物が醸し出す臨場感”がひしひしと伝わってきましたね。

ライターSAKU
豪華なキャスト、国宝級の場所でのロケなど豪華さが画面やスクリーンからあふれ出てきそう(笑)

 

セリフの言い回しの速さがリアル

私は映画を見始めた頃『あれっ?』と違和感を感じていました。

なんか役者のセリフがよく聴きとれないのです。

速くて。

でも見ていく内に、その意味がだんだんわかってきました。

その方が日常生活に近いなと。

映画やドラマ、舞台などでは、役者さん達ははっきりと滑舌よくしゃべりますよね。

ストーリー展開がわかりやすいようにそうしているんでしょうが、そうするとどうしても芝居がかったセリフになってしまいがちです。

日常生活ってそうではありませんよね。

聴き取れないから訊き返すこともあるし、同時に何人も話し始めて会話が被ってしまうこともあります。

観客がちゃんと聞き取れるようにゆっくりはっきりしゃべっていたのでは、話はわかりやすいですが、臨場感は削がれてしまいます。

映画『関ヶ原』では、ひとつひとつの言葉が全部はっきり聞き取れなくても、話し手の思いや熱がずんずん伝わってくる迫力あるシーンが次々に、流れるように出てきました。


スポンサーリンク



映画『関ケ原』面白いの?視聴者の感想・評判は?

 

映画『関ヶ原』動画フルを無料視聴できる方法をご紹介!

映画『関ヶ原』を無料視聴できるTSUTAYA DISCASをご紹介していきます。

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスと宅配サービスを同時に受けれるサービスになります。

宅配サービスとは、ネットで注文すると自宅へ届けてくれます。

返却はポストに投函すればOKです。

1回の注文で2枚〜6枚(プランによる)届けてくれ、返却すると別の作品を借りることができます。

TSUTAYAディスカスのメリットは下記になります。

  • TSUTAYAのDVD/CD宅配レンタル・動画配信サービスが使い放題
  • スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却もOK♪
  • 入会金・送料・延滞金¥0!
  • 新作先行配信も多数
  • DVDレンタルが不要になる
  • スマホ・PC・ゲーム機・テレビ見放題
  • ダウンロード再生できる(スマホなどでいつでも視聴できる)
  • 家族みんなで使い放題
  • 画質が最高レベル
  • 無料お試し期間が最長

忘れてはいけないのが、現在30日間無料トライアルを実施しています。

私も無料期間中に登録して、30日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

国内ドラマ以外にも海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたので是非ご利用下さい。

ただ、30日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

>>TSUTAYA DISCASを利用する<< 

 

利用者の口コミは?

>>映画『関ヶ原』を無料視聴する<<

まとめ

かなり戦国時代好きとしてはかなり楽しめた作品でしたね!

説明がなくどんどん話が飛んでいくので、知識がないと『?』となることが多いと思うので、多少の予習は必要かもしれませんね( ;∀;)

知識前提で楽しむ映画だと思いますので、歴女など歴史が好きな人はすんなり見られるのではないでしょうっか?

しかし、映画という短い時間にかなり詰め込んだ内容になっているので、多い出演者と速い展開についていけないかもしれないですね。

それでも、かなり面白い映画『関ケ原』動画フルを無料視聴したいという方は、是非TSUTAYA DISCASを利用してみて下さいね!

↓初回登録後、30日間無料↓

↑毎週更新!4,000以上のプレイリスト!↑