『帝一の國』映画主題歌・挿入歌・サントラを詳しく解説

Pocket

本記事では、映画『帝一の國』の主題歌になった曲やその曲を歌った歌手について紹介していきます。

本作品は、いままで漫画として話題を集めていましたが、今回はついに実写映画化!!

そして、主演に今まさに人気急上昇中の若手俳優菅田将暉を起用され、そのほかにも出演者に人気若手俳優ばかりが出ています✨

映画ばかりでなく、主題歌なども注目されています。

そこで、今から映画『帝一の國』の主題歌やサントラ、歌手など紹介していきます。

映画『帝一の國』どんな内容なの?

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:http://taito-filmcommission.jp/report/

国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。

首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。

彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。

 

キャスト

  • 赤場帝一/菅田将暉
  • 東郷菊馬/野村周平
  • 大鷹弾/竹内涼真
  • 氷室ローランド/間宮祥太朗
  • 榊原光明/志尊淳
  • 森園億人/千葉雄大
  • 白鳥美美子/永野芽郁
  • 赤場譲介/吉田鋼太郎

 

スタッフ

  • 監督/永井聡
  • 原作/古屋兎丸
  • 脚本/いずみ吉紘
  • 製作/小川晋一、木下暢起

 

映画『帝一の國』の主演を演じるのは若手俳優 菅田将暉

 

赤場帝一/菅田将暉

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://sgs109.com/n/3632/

本作の主人公。

一年一組のルーム長→二年一組のルーム長→生徒会副会長→内閣総理大臣。

父親の赤場譲介は通産省官僚。

総理大臣となって日本を世界一の国にするという夢のため、その第一ステップとして海帝高校の生徒会長を狙う。

野心家で、どんなことについても負けたがらない極度の負けず嫌い。

海帝高校入学時にトップの成績を誇り、海帝中学では生徒会長だったことから、海帝高校からも期待を寄せられている。

一組のルーム長に選ばれた後は、二年生の先輩・氷室ローランドに生徒会長となる可能性を見い出し、彼に生徒会長候補として指名してもらうため自ら“忠犬”として忠誠を誓う。


スポンサーリンク



映画『帝一の國』の主題歌を手掛けたのはクリープハイプ

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:http://realsound.jp/2017/03/post-11856.html

主題歌に起用されたのは、クリープハイプによる書き下ろしの新曲“イト”。

永井聡監督を含む映画のスタッフ陣から「映画のテーマ、世界観にはまるバンドはこのバンドしかいない!」とオファーを受け、今回のコラボレーションが実現したという。

同曲は、ライバルを蹴落として勝ち残ろうともがく映画の登場人物たちの人生模様を、操り人形の「糸」と生き抜く戦略の「意図」にかけて表現した作品。

4月26日にリリースされるクリープハイプのニューシングルに収録される。

尾崎世界観(クリープハイプ)は同曲について「『この曲で届かないなら仕方がない』と思える程の曲が出来ました」とコメント。

主演の菅田将暉は「勢いのあるメロディと包み込んでくれる歌詞と尾崎世界観さんの温かくも鋭い声に背中を押された気がしました。

まさに帝一達は、いつの日か運命と呼べるその日まで壊していたな、と。ちょっと泣きそうになりました」と賛辞を送っている。

 

ロックバンド「クリープハイプ」について

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=cxuqBH9jOSw

クリープハイプはボーカルの尾崎世界観、ギターの小川 幸慈、ベースの長谷川カオナシ、ドラムの小泉 拓による4人組ロックバンド。

  • 2001年ークリープハイプを結成。3 ピースバンドとして活動を開始する。
  • 2005年ー下北沢を中心にライブ活動を活発化。多くの人から言われる「世界観が」という曖昧な評価に疑問を感じ、自ら尾崎世界観と名乗るようになる。
  • 2008年9月ーメンバーが脱退し、尾崎世界観の一人ユニットとなる。
  • 2009年11月ーGt. 小川幸慈 Ba. 長谷川カオナシ Dr. 小泉 拓を正式メンバーに迎え、本格的に活動をスタート。
  • 2012年4月ーメジャーデビュー。
  • 2014年4月ー日本武道館2Days公演開催。
  • 2016年6月ー尾崎世界観 小説「祐介」発表。
  • 2017年5月ー尾崎世界観 エッセイ「苦汁100%」発表 。
  • 2018年5月11日ー4年ぶりとなる日本武道館公演の開催が決定。

 

クリープハイプメンバー紹介

 

尾崎世界観

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://rockinon.com/news/detail/168889

  • 生年月日: 1984年11月9日 (33歳)
  • 本名: Sekaikan Ozaki
  • 書籍: 祐介、 苦汁100%
  • TV/映画: 自分の事ばかりで情けなくなるよ、 私たちのハァハァ、 Swimming in the Dark
  • アルバム: 世界観、 死ぬまで一生愛されてると思ってたよ、

クリープハイプのほとんどの作詞作曲を手掛ける。

 

小川 幸慈

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://www.m-on-music.jp/0000094444/

  • 生年月日: 1984年9月19日 (33歳)
  • 担当: ギター兼まとめ役

バンドのムードメーカー的な存在。

デビュー当時からひげが特徴的で、ストローハットをかぶっている。

強烈な個性のギタリスト。尾崎世界観から「歌の邪魔するな」とよく注意される。

 

長谷川カオナシ

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:http://newcomer-music.com/kaonashi-song/

  • 生年月日: 1987年9月23日 (30歳)
  • 担当: ベース(ボーカルも務める)

メンバー中最もアーティスティックて謎の多い人。

小学生の頃ピアノとバイオリンを習っていた。

2009年に高校時代からやっていたバンドを抜けて1人で活動を始め、その頃から「何かインパクトのある名前を…」とカオナシと名乗る。

デビューに当たりメンバーからは本名を名乗るよう勧められたが拒否。

尾崎世界観に「変わっている」と言われるほどの変人らしい。

 

小泉拓

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://twitter.com/koraiya9/status/817750217319587840

  • 生年月日: 1979年1月8日 (39歳)
  • 担当:ドラム
  • 性格:マイペース

小学生の時に聞いた和太鼓から打楽器に興味を持ち始め、高校生でバンドを始める。

バンド内最年長だけに、これまでのバンド生活で様々な経験を経ており、現在はメンバーを大きく包み込む存在。


スポンサーリンク



映画『帝一の國』劇中で使われたサントラCDをご紹介

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:http://www.dragonfly-e.co.jp/teiichi/

  • 発売日/2017/05/10
  • レーベル/ユニバーサルミュージック
  • 収録時間/48:48
  • アーティスト/渡邊崇
  • 参考価格/3,240円

『白い巨塔』のようなドロドロとした世界観を、高校という舞台に落とし込んだ人気漫画『帝一の國』(ジャンプスクエア)の実写映画化した作品の、サウンドトラック。

POLA『ホワイティシモ』、P&G『アリエール』、national『エコキュート』、など数々のCM楽曲も手掛け、映画の劇伴も数々担当した渡邊崇。

 

収録曲

1.始まりの決意
2.あやつり人形
3.俺が譲介だ!
4.赤場家ダイニング
5.盗聴だにゃん他

 

担当した渡邊崇について

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:http://www.daion.ac.jp/mcr/teacher/teacher01.html

  • 生年月日: 1976年2月23日 (41歳)
  • 生まれ: 広島県 広島市 安佐南区
  • ノミネート: 日本アカデミー賞 最優秀音楽賞

広島県立安古市高等学校卒業後、大阪の工業大学に進学[1]。大工職人を経て大阪音楽大学作曲科へ入学。

入学後数々のバンドに籍を置くがそれぞれのバンドでギター、ベース、ドラムを担当するなどオールマイティーな才覚を発揮し始める。

海外のロックフェスティバル等からもオファーが飛び込み始め、活動範囲をワールドワイドに広げて行く中、近年何かに取り憑かれたように突如クラシックや現代音楽の作曲を始める。

音楽大学卒業後、大阪を拠点に前衛的なパフォーマンス集団や映画とのコラボレーション、そして演劇のプロデュースもこなしながら、かたや、三菱電機ビルテクノサービス、キヤノン「Color imageRUNNER」、Benesse「こどもちゃれんじぷち 」など数々のCM楽曲も手掛け、いまや日本のテレビ広告業界において欠かせない音楽家となっており「ポストなにわのモーツァルト」との呼び声が高い。

また2008年には平林勇監督、堀部圭亮主演、渡邊崇音楽プロデュースの映画『BABIN』がスイスのロカルノ国際映画祭2008にて「Prix Film und Video Untertitelung」賞、「Prix Cinema E Gioventu」賞を受賞、短編映画部門で日本人初の快挙を遂げる。

オーヴァーグラウンドとアンダーグ ラウンドの間を器用に行き来する渡邊の魅力は、独自の解釈でクラシックを編纂した新しい現代音楽観にある。


スポンサーリンク



映画『帝一の國』って面白いの?視聴者の感想・評判は?

 

気になるCM・ドラマの音楽を歌詞を見ながら聴き放題できる方法をご紹介!

今回、ご紹介するのがドラマやCMのあの気になる曲が歌詞を見ながら聴き放題できるBGMサービス『うたパス』になります。

『うたパス』は、最新JPOP・洋楽人気曲・懐メロ・カラオケから、ドラマやCMのあの気になる曲まで今すぐ聴ける非常に使いやすいサービスになります。

『うたパス』のメリットは、

  • 初回登録後、30日間無料!
  • ライブ先行受付や無料招待など特典満載!
  • 毎週更新!4,000以上のプレイリスト!
  • 会員特典で毎週火曜日はカラオケ利用料金1,200円割引き(auチューズデイ)

注目して欲しいのは、現在30日間無料お試しキャンペーン実施中というお得なキャンペーンを行っています。

私も無料トライアル期間という事で実際に登録してみました。

そして、30日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さんも、是非このお得なキャンペーンもいつ終わってしまうのか分からないのでまずはその良さを体感してみて下さいね!

>>うたパス無料お試しはこちら<<

 

うたパス利用者の口コミをチェック!

>>うたパスHPはこちら<<

 

まとめ

帝一の國映画主題歌挿入歌サントラ

出典:https://www.oricon.co.jp/special/49957/

今回は、映画『帝一の國』で使用されている主題歌や主題歌を手がけた歌手、サントラを紹介していきました。

今、話題のロックグループ『クリープハイプ』が主題歌を担当していて、映画とともに人気がでてますね✨

そして、メンバーの尾崎世界観さんは、バンド活動だけでなく小説家としても人気がでています!!

才能が多彩なのはうらやましいですね(笑)

サントラを手掛けた渡邊崇さんも人気のCM曲を多数出しており、サントラにも注目です♡♡

これを機会に帝一の國で使用された主題歌、サントラをぜひとも聴いてみてはいかがでしょうか?

↓初回登録後、30日間無料↓

↑毎週更新!4,000以上のプレイリスト!↑