ブラックペアン主題歌が嵐じゃない理由は?主題歌を歌わない真相も

ブラックペアン主題歌嵐じゃない
Pocket

今回は、新ドラマ『ブラックペアン』の主題歌がなぜ嵐じゃない理由についてご説明していきます。

ブラックペアンがスタートしましたが、ご覧になられてますか?

医療ドラマもさまざまありますが、このドラマはすごく入り込める作品ですね✨

出演者も有名な方達ばかりで、毎回豪華ゲストです!!

ドラマ開始前は、主演が二宮和也だから主題歌も嵐だとSNSで期待される声がとても多かったですが、実際は小田和正が主題歌を担当しています。

では、なぜ嵐が主題歌を担当しなかったんでしょうか。

そこで、ドラマ『ブラックペアン』の主題歌が嵐じゃない理由についてお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

ライターmari
なぜなんでしょうか、気になりますね!!

↓初めての方は3か月無料↓

↑4300万曲以上が聴き放題↑

主題歌が話題のドラマ『ブラックペアン』とは?

二宮和也、日曜劇場 初主演、自身初の外科医役で“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローを演じる。

シリーズ累計115万部突破、海堂尊の原作をドラマ化!

TBSでは4月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』を放送する。

二宮が日曜劇場で主演を務めるのは初めて。

また、TBSの連続ドラマに出演するのは、2008年10月期放送の金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶりとなる。

原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。

日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。

彼が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」である。

シリーズ累計150万部を突破しており、熱烈なファンを持っている。

 

出演者

  • 渡海征司郎/二宮和也
  • 世良雅志/竹内涼真
  • 花房美和/葵わかな
  • 黒崎誠一郎/橋本さとし
  • 渡海春江/倍賞美津子
  • 西崎啓介/市川猿之助
  • 高階権太/小泉孝太郎
  • 佐伯清剛/内野聖陽

 

スタッフ

  • 原作:海堂尊『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)
  • 脚本:丑尾健太郎
  • 音楽:木村秀彬
  • 主題歌:小田和正「この道を」(アリオラジャパン)
  • プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
  • 演出:福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦
  • 製作:TBS

 

ドラマ『ブラックペアン』主題歌は小田和正「この道を」

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:https://ameblo.jp/chiharu1997/entry-12363654001.html

シングル発売は13年4月の「その日が来るまで/やさしい風が吹いたら」以来約5年ぶり。曲は嵐・二宮和也(34)が主演するTBSの日曜劇場「ブラックペアン」(4月22日スタート)の主題歌「この道を」で、小田は「ドラマが書かせてくれた曲です」と話した。

 

主題歌『この道を』CD情報

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:http://www.kazumasaoda.com/

  • 発売日: 2018年5月2日
  • 商品番号:FHCL-3008
  • 通常価格 ¥1,500(税込)

 

小田和正 プロフィール

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:https://nekonekonoheya.com/archives/2778

  • 生年月日:1947年9月20日(70歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • ジャンル:J-POP、ニューミュージック
  • 職業:シンガーソングライター、音楽プロデューサー
  • 担当:ボーカル、キーボード、ギター
  • 活動期間:1970年 –
  • レーベル:アリオラジャパン/Little Tokyo(2009年 – )
  • 事務所:ファー・イースト・クラブ


スポンサーリンク



ドラマ『ブラックペアン』の主題歌が嵐じゃないのはなぜ?

 

主題歌は嵐という噂はどこから?

最近ドラマの主題歌というと、主演や主要キャストが担当することが多くなっています。

それを踏まえて考えると、ドラマ「ブラックペアン」の主題歌は嵐。

そう考えるのが妥当だと思います。

 

嵐が主題歌を歌えない理由

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:http://sok23.com/

ドラマ「ブラックペアン」の前枠はドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」で、主演は嵐の松本潤さんでした。

その際、主題歌を担当したのが嵐で新曲でした。

そのため、ドラマ「ブラックペアン」の主題歌もとなると、あまりにも新曲を出すスパンが短くなってしまいます。

様々な大人の事情もあるのだと思います。

ドラマ「ブラックペアン」の主題歌は嵐ではないことがわかり、驚いた人も多かったかもしれません。

ライターmari
大人の事情だったんだ。。。

 

主演は二宮和也ではなく、別の人だった?!との噂も!!

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:https://nonno.hpplus.jp/article/12436

ここ最近になって、ドラマ「ブラックペアン」の主演は、二宮和也さんではなく、竹内涼真さんだったのではないかという話も出てきています。

さらに、ドラマ「ブラックペアン」の前の作品が、「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」であることから、同じ枠で連続してジャーニーズ、さらに嵐が主演を務めるのは珍しいことです。

そういうことを考えても主演が竹内涼真さんであった可能性もあるのです。

それを考えていると、ドラマ「ブラックペアン」の主題歌が嵐ではないというのは、納得できます。
楽曲を作ることは時間のかかること。

主演が竹内涼真さんという噂が本当であれば、その時期に小田和正さんに主題歌をオファーしていた可能性もあるのです。

 

今まで嵐が主題歌担当したドラマは他に何がある?

 

Stand up!!

  • 放送時間:金曜日22:00 – 22:54(54分)
  • 放送期間:2003年7月4日 – 9月12日(11回)
  • 制作局:TBS
  • 演出:堤幸彦、加藤新、平川雄一朗
  • 脚本:金子ありさ
  • プロデューサー:石丸彰彦
  • 出演者:二宮和也、山下智久、鈴木杏、成宮寛貴、小栗旬、的場浩司
  • 主題歌:嵐「言葉より大切なもの」

 

正平と親友の健吾、隼人、功司の4人は童貞を卒業することを心から願っている戸越高校2年生。

ある日、正平は図書室で女性の下着を発見し、後に同級生の田中が彼女と性行為をしていたことが判明。

そのことから4人は戸越高校最後の童貞4人であることが発覚する。

そして、11年前に引越していった幼馴染で、当時4人のマドンナであった千絵が誰にも言えないある大きな悩みを抱えて突然現れる。

 

流星の絆

  • 放送時間:金曜日22:00 – 22:54 (JST)(47分)
  • 放送期間:2008年10月17日 – 2008年12月19日(10回)
  • 制作局:TBS
  • 演出:金子文紀、石井康晴
  • 原作:東野圭吾「流星の絆」(講談社)
  • 脚本:宮藤官九郎
  • プロデューサー:那須田淳、磯山晶
  • 主題歌: 嵐『Beautiful days』
  • 出演者:二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香

神奈川県横須賀市にある洋食店「アリアケ」の三兄妹、功一、泰輔、静奈は、夜中に家を抜け出して流星群を観に出掛けている間に、両親が何者かにより刃物で惨殺される。

三兄妹は身よりが無く養護施設で幼少期を過ごした後に相次いで詐欺などに襲われ、強く生きるためいつしか彼ら自身も、裕福な男性を詐欺で騙していく。


スポンサーリンク



特上カバチ!!

  • 原作:田島隆/東風孝広『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』(講談社モーニング連載中)
  • 脚本:西荻弓絵
  • 演出:加藤新、今井夏木、韓哲
  • プロデュース:植田博樹、今井夏木
  • 音楽:瀬川英史
  • 製作著作:TBS
  • 主題歌:嵐「Troublemaker」 (ジェイ・ストーム)
  • 出演者:櫻井翔、堀北真希、中村雅俊、遠藤憲一、高橋克実

法律を駆使する “ 法テク ” を武器に、弱者を救うべく奮闘する、行政書士補助者の熱血ストーリー。

 

花より男子

  • 放送時間:金曜22:00 – 22:54(54分)
  • 放送期間:2005年10月21日 – 12月16日(9回)
  • プロデューサー:瀬戸口克陽
  • 制作局:TBS
  • 演出:石井康晴、山室大輔、片山修、坪井敏雄、三城真一、武藤淳
  • 原作:神尾葉子
  • 脚本:サタケミキオ、藤本有紀、高橋ナツコ
  • オープニング:嵐「WISH」「Love so sweet」
  • 出演者:井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力、西原亜希

名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、娘の玉の輿を願う母親の勧めで入学した一般庶民の牧野つくし。

学校は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り息子・総二郎、総合商社・美作商事の息子あきらのF4(Flower 4―“花の四人組”)に牛耳られていた。

学校は、F4の親から多額の寄付を受けていたため、生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。

つくしは、それに違和感を持ちながらも平凡な高校生活を送ろうとしていた。

ところがある日、つくしはF4に花瓶の水をかけた事が原因でF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。

しかし、正義感の強いつくしは彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。

 

99.9 -刑事専門弁護士-

  • 制作局:TBS
  • 演出:SEASON I 木村ひさし、金子文紀、岡本伸吾/SEASON II木村ひさし、岡本伸吾
  • 脚本:宇田学
  • プロデューサー:SEASON I 瀬戸口克陽、佐野亜裕美/SEASON II瀬戸口克陽、東仲恵吾
  • 出演者:松本潤、榮倉奈々(SEASONⅠ)、木村文乃(SEASONⅡ)、香川照之、片桐仁、マギー、馬場徹
  • ナレーター:石塚運昇
  • エンディング:嵐「Daylight」(SEASONⅠ)「Find The Answer」(SEASONⅡ)

個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。

タイトルの「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率を示している。

日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえるが、そこには大きな落とし穴が隠されている。

一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのだ。

さらに、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難になってしまう。

しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で”事実”に辿り着いたことにはならない。

本ドラマは、最後の0.1%まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語。

ライターmari
TBSでもさまざまな主題歌担当してますね!


スポンサーリンク



主題歌よりもドラマ『ブラックペアン』は内容が面白過ぎ!視聴者の感想・評価は?

 

まとめ

ブラックペアン主題歌嵐じゃない

出典:http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5070563&media_id=14

今回は、新ドラマ『ブラックペアン』の主題歌がなぜ嵐じゃない理由についてご紹介してきました。

前作に続き主題歌をまた嵐がするのではとの噂もありましたが、今回は小田和正さんが担当になっています。

前作からの新ドラマのスタートがとても早くやはり大人の事情というのがあるんですね。

嵐ファンにしたら期待していた分かなりショックだったでしょう、、、。

しかし、小田和正さんの曲もドラマにあっていてとてもいい曲なので、今はみなさん納得されているようですね✨

これから、ドラマの流れもどのようになるのか楽しみですね。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

↓初めての方は3か月無料↓

↑4300万曲以上が聴き放題↑