空飛ぶタイヤ映画ロケ地・撮影場所は?エキストラ参加者の感想も

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地
Pocket

本記事は、映画『空飛ぶタイヤ』ロケ地(撮影場所)やエキストラ参加者の感想について、監督・本木克英さんのインタビューなども交えて、ご案内していきます。

池井戸潤さん原作の初の映画化作品『空飛ぶタイヤ』。

原作の池井戸潤さんは

『この作品で人を描くことを学んだ』

とコメントされていて、登場人物に重点を置いて描かれた作品です。

それゆえに出演に長瀬智也さん、ディーン・フジオカさん、高橋一生さんの豪華共演が実現し、男たちの熱い闘いは、映画作品の見どころです。

それでは、映画『空飛ぶタイヤ』のロケ地(撮影場所)やエキストラ参加者の感想について、ご紹介していきますので、最後までお付き合い下さい。

↓初めての方は3か月無料↓

↑4300万曲以上が聴き放題↑

映画『空飛ぶタイヤ』主演・長瀬智也に本木監督が求めたものとは?

短時間で端的に描ける台詞や行動にしなければいけないので、俳優さんの力量も問われるんです。曖昧な人間像は出せないところが、難しくもあり、面白いところでもありました。

(中略)

赤松役の長瀬さんは、70人余りの登場人物の中で、主軸を張って最後まで引っ張れる人ということでお願いしました。苦悩する姿が非常に美しいんですよ。

本人にも、高倉健さん亡き後、彼のような俳優になってほしいという話をしました。

引用:http://top.tsite.jp/news/magazine/i/39495455/

本木克英監督は、俳優としての長瀬智也さんに高倉健さんのような存在感を期待して、起用したというのは、非常に長瀬智也さんのファンには嬉しいお話ではないでしょうか?

長瀬智也さんは、映画『空飛ぶタイヤ』から俳優としてステップを一段上がったのかもしれませんね。

ライターnappi
本木監督のインタビューで、確かに、長瀬智也さんて高倉健さんに似た雰囲気あるかもしれないと、思ったです

 

映画『空飛ぶタイヤ』ロケ地となる赤松運送について

 

赤松運送の内部

こちらはセットなので、ロケ地などの撮影ではないとのことです。

 

赤松運送の外観

この建物がどこで撮影されたのか、わからずです、すみません。


スポンサーリンク



赤松徳郎の家

横浜市青葉区桂台でロケしていた長瀬智也さんと深田恭子さんの目撃情報がありますので、赤松家のロケ地だと思われます。

 

赤松運送のトレーラーの脱輪事故現場

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地
出典:http://soratobu-movie.jp/about/index.html

つくばみらい市みらい平地区付近の県道355号線で脱輪事故が起きたシーンのロケが行われました。

『空飛ぶタイヤ』には岸部一徳さんがホープ自動車の狩野威常務取締役で出演していますが、この近くで2018年秋公開の映画『鈴木家の嘘』のロケも行われていて、岸部一徳さんが参加されています。

ロケできる場所って案外少ないのでしょうか?

 

映画『空飛ぶタイヤ』その他のロケ地・撮影場所はどこ?!

 

タイヤ事故で亡くなった被害者主婦のお葬式

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地

出典:http://www.hokokuji.or.jp/

茨城県常総寺報国寺でロケが行われました。

 

狩野威常務がホープ自動車の『T会議』に利用していた料亭

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地

出典:http://www.tamaya1927.com/

埼玉県さいたま市浦和区常盤の料亭玉屋でロケが行われました。

ここは、ロケ地としてとても有名な場所です。

池井戸潤さん原作のドラマ作品関連でいえば

  • 半沢直樹
  • 下町ロケット・ガウディ編
空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地

出典:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/report/r25.html

で登場していますが、さらに

  • 味いちもんめ
  • 不毛地帯
  • Dr.倫太郎
  • 強き蟻
  • わかれても好きな人
  • マジすか学園
  • ドクターカー
  • S~最後の警官~
  • 強き蟻
  • BOX

など多数の作品のロケ地として使われている有名な料亭です。

 

ホープ自動車の沢田悠太行きつけのお店

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地

出典:https://restaurant.ikyu.com/107740/

東京都港区六本木のアサドール・エル・シエロでロケが行われました。

ここは、UVERworld の『SHOUT LOVE』PVでも有名なレストランです。

 

その他、ロケ地場所

  • 神奈川県 綾瀬市
  • 埼玉県熊谷市、川越市
  • 神奈川県横浜市栄区

 

たくさんのエキストラ出演をボランティアの方が担っているんですね。

上記、ロケ地などで参加された、たくさんのエキストラの皆さんにスタッフの方が感謝されているツイッターをご紹介。

映画が主演俳優さんや監督さん、脚本や音楽など名前が出る方以外にも、たくさんの方の支えで作られているんだなと実感しますよね。

ライターnappi
映画におけるエキストラの皆さんの存在って作品にほんとに大事なのだなと改めて感じます


スポンサーリンク



映画『空飛ぶタイヤ』ロケ地にエキストラとして参加した人の感想をご紹介

 

まとめ

空飛ぶタイヤ 映画 ロケ地

出典:http://top.tsite.jp/news/magazine/i/39495455/

映画『空飛ぶタイヤ』について、本木克英監督のインタビューや、ロケ地・撮影場所やエキストラ参加者の感想についてご紹介してきました。

映画『空飛ぶタイヤ』は関東でほぼロケされている様子ですよね。

特に、つくばみらい市は、ストーリーの始まる事故現場という重要なシーンを撮影した場所です。

撮影の目撃情報などから2017年の4月あたりに撮影されているようですね。

また、原作から脚本を起こして、俳優さんたちを起用しながら、同時にボランティアを含めたエキストラさんたちがたくさん関わって、一つの作品が長い時間をかけて出来ているのだなと思うと、さらに作品鑑賞の幅も広がりそうですよね。

連続ドラマとは一味違う、映画ならではの疾走感を是非楽しんでくださいね。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

↓初めての方は3か月無料↓

↑4300万曲以上が聴き放題↑